車の税金の知識サイト

アクセスカウンタ

zoom RSS 大型車の税金

<<   作成日時 : 2009/02/06 07:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

普通車と大型車の税金の違いはあるのでしょうか。
大型の車の自動車税について説明します。
大型車の税金


毎年5月に払う自動車税、私たちが普段乗っている
自動車にかかる自動車税って、結構高いですよね。
たとえば、1.3Lのfit、34500円、
セルシオやクラウンなど、6〜7万程。
排気量が大きいほど、金額が上がっていきます。
自動車税


車を買った時と、車検のときに支払う自動車重量税ですが、
トラックやバスももちろん支払います。
私たちが普段乗るような乗用車の自動車重量税は、
500sごとで区切られ、
500s以下の場合2年間で12600円です。
新車で次回車検が3年後の場合は、18900円です。
自動車重量税


私たちが普段乗る普通乗用車、
買った時に支払う自動車取得税ですが、
バスやトラックなどの大型車にもあります。
普通乗用車の自動車取得税は、
買った価格の5%の金額が、自動車取得税になります。
低ガス・低排出などのエコカーを買った場合は、
その金額より割引されます。
自動車取得税


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

大型車の税金 車の税金の知識サイト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる